ビセラの正しい飲み方を紹介

ビセラ関連情報

ビセラの効果的な飲み方とは?

ビセラ(BISERA)は一袋に体内の腸内フローラサポート菌を1兆個も含んでいるサプリメントです。

健康や美容を意識する方に口コミでも人気のビセラのベストな飲み方をご紹介します。

サプリは飲み方によって多少効果に違いが出てきます。せっかく毎日飲むのなら正しい飲み方を実践しましょう。

ビセラの基本的な飲み方

ビセラの基本的な飲み方は下記の通りでとっても簡単です。

check

  • 一日に1粒を目安に飲む
  • 水やぬるま湯と共に飲む

ビセラの基本的な飲み方は上の2点になります。

水ではなくお茶やコーヒー、ジュース(清涼飲料水)と一緒に飲む人もいますが、これはお勧めできません。お茶や清涼飲料水に含まれるカフェイン、タンニンなど、その他の栄養素とビセラの相性が分からないので水やぬるま湯で飲むのが無難です。

また、水の量が極端に少ないと食道にカプセルが張り付いてしまう可能性があったり、吸収率が悪くなる可能性があるため、水はコップ一杯ほど飲むのがおすすめです。

飲むタイミングや時間は?

ビセラは医薬品や医薬部外品ではなく、健康補助食品なので飲むタイミングや時間が明確に決まっているわけではありません。

ですが、腸内サポート菌が入ったサプリメントは飲むタイミングは重要。

多くの善玉菌は熱や酸に弱いため、一般的な乳酸菌やビフィズス菌配合の製品は胃酸によるダメージを少なくするために胃酸が薄まる食後に飲むのが良いとされています。

ですが、ビセラの場合は、胃で溶けずに腸まで生きた菌を届ける特殊なカプセルを使っています。その為、食前や食中に飲んでも問題ありません。

ただし、お腹が弱い、すぐに緩くなる、サプリメントの影響を受けやすい方は食前に飲むのを控えましょう。

栄養素の吸収効率から考えると、食事中や前後に飲むのが効率が良いとされています。

多めに飲むのは有効?

納豆やヨーグルトなど善玉菌や腸内フローラをサポートする菌を沢山摂取すれば、それだけ善玉菌が増え、悪玉菌よりも優勢になり健康や美容面でメリットがありそうですが、

実は善玉菌を経口摂取しても腸内の善玉菌がそのまま増えるわけではありません。

じゃあ、意味がないのかというと、そういうわけでもなく、善玉菌や腸内フローラサポート菌を摂取すると、生成された有機酸が腸壁を刺激して便を押し出す運動(蠕動運動)を活発にさせてくれます。

いわば、蠕動運動のスイッチの様な役割を果たしてくれている為、多く飲めばその分効果を実感できるというわけではありません。

量よりも毎日の継続の方が重要です。

体内には1000兆個もの細菌がいて、腸内細菌のバランスは日々変動しています。昨日、腸内バランスを整えても、生活習慣や食生活によっては今日はバランスが崩れている可能性もあるのです。多めに飲むよりも毎日欠かさず飲む方が大切です。

食卓の見える位置に置いておく、決まった時間に毎日飲む習慣をつける、など飲み忘れがないような工夫をしましょう。

ビセラを飲む上での注意点は?

ビセラを飲む上での注意点をまとめてみました。

妊娠中や授乳中は飲んでもOK?

妊娠中の妊婦さんや、授乳期の赤ちゃんがいる授乳中のお母さんでもビセラは飲むことが可能です。ただし、ビセラの公式サイトには目安量を守れば特に問題はありませんが、掛かり付けの先生や医師に相談の上飲んで欲しいという事が書いてあります。

妊娠中や授乳中の母親のカラダはとてもデリケートです。体調も変化しやすく、摂取する栄養素や栄養価には細心の注意を払う必要があります。

ビセラを飲むと下痢になる?

善玉菌が配合された製品を摂取すると下痢になると思っている方がいます。これは、便通が改善される→便通が良くなりすぎて下痢になる、というイメージがあるのだと思います。

ただ、軟便や下痢対策を調べると、善玉菌を摂取して腸内環境を整える事が大事と言われています。善玉菌を摂取する事が下痢に直接つながるわけではないと思います。

腸内環境の悪化は水分補給の仕方や食生活はもちろん、ストレスなども関係しているといわれています。ビセラを飲んで下痢になってしまったという方は自分が普段行っている生活習慣や周りの環境もチェックしてみましょう。

ビセラは私(当サイト管理人)も実際に試しています。私の口コミや効果・感想については下記のページにまとめてあるので、これから購入を検討している方は参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました