ビセラに危険な副作用や毒性はあるの?

ビセラ関連情報

ビセラに副作用があるのか検証しました

ビセラ(BISERA)は大手口コミサイトやSNS、テレビなど各方面で人気の腸活サポートサプリメントです。

人気の秘訣は1兆個の腸内フローラサポート菌と話題の短鎖脂肪酸をダイレクトに配合している点です。その為、口コミでも効果が高いと評判ですが、その反面、1兆個も菌が入っているなんて毎日飲んでも大丈夫なのか?副作用や危険性、毒性はないのか?などを気にする方もいます。

当ページではビセラに危険な副作用があるのか?、毎日飲んでも大丈夫なのか?等を全成分をチェックして検証しました。

ビセラに危険な副作用は存在しません

ビセラは健康補助食品です、副作用の心配がある医薬品や医薬部外品とは違います。その為、当然副作用は存在しません

パッケージ裏に記載されている全成分もチェックしましたが、特に危険性の高い成分は確認できませんでした。

『ビセラは多くの方が安心して飲めます!』

ビセラはお薬ではなく食品なので、明確な規定量や服用量は決まっていません(一日の摂取目安量は1粒とされています)。その為、体調などを見ながら多めに飲んでも全然問題ありません。

ただし、1日2粒飲んでも、飛躍的に効果が上がるという事は無いので基本は1日1粒を守るのがいいでしょう。どんなに身体に良い食べ物や食材、栄養素でも一日に摂取するのが望ましい摂取量があり、それを越えてもあまり良い効果はありませんよね。

アレルギーには注意

ビセラは健康補助食品のため副作用はありませんが、アレルギーを引き起こす可能性はあります。アレルギー体質の方はパッケージ裏に表示されている成分表をチェックして原材料にアレルゲンがないか確認してください。

ビセラを飲むと下痢や腹痛になる?

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、腸内フローラをサポートする菌を含んだサプリメントや飲料を飲むとお腹が緩くなる、下痢を起こすなどの心配をする方もいます。

ただ、ビセラの口コミやレビューをチェックしましたが、『お腹が緩くなった』『下痢になった』という報告は発見できませんでした

逆に乳酸菌やビフィズス菌を含む食品は様々な方が、下痢やお腹の調子が悪い方が摂取するべき食品としてオススメされています。ビセラを飲んで下痢やお腹が緩くなってしまった方などは、もしかしたら、普段の食生活や生活習慣に問題があるのかもしれませんのでチェックしてみましょう。

妊婦や授乳中は飲めますか?

公式サイトのQ&Aコーナには『妊婦さんや授乳中でも目安量を守れば問題ない』事が記載されていますが、妊娠中や子育て中のお母さんの体はとってもデリケートです。妊娠中や授乳中に飲む場合は必ず掛かり付けの産婦人科の先生にご相談の上飲むようにしましょう。

ビセラに含まれる添加物

ビセラに含まれている成分の中で気になる化学添加物をピックアップしました。

ステアリン酸Ca

ステアリン酸Caはコーティング剤や増粘剤としてサプリメントに良く使われる添加物です。使用歴も長く、長年の実績がありますし医薬品の添加物としても使われ、安全性の高い成分です。

微粒二酸化ケイ素

サプリメントでは吸湿の防止(湿気対策)目的で使われたり、製造の過程で使われた微粒二酸化ケイ素が混入することもあります。別名シリカゲルと言い、食べると危険なイメージがありますが、体内でほとんど吸収されないため毒性も低く安全性は高いとされています。

ビセラの安全性に対してのこだわり

ビセラは高い衛生管理や品質管理の基準をクリアしている日本有数のGMP認定工場で製造されています。生産性だけではなく衛生面や品質面で最高ランクの基準で製造されている点も安心してビセラを飲めるポイントです。

ビセラは副作用もなく安心して飲める

ビセラの全成分をチェックしてみましたが、危険性や毒性の強い成分は含まれておらず安心して飲めると思います。

実際に私(管理人)もビセラを飲んでいます。実際に私が飲んだ感想や効果、口コミは下記で紹介しています。

▼管理人の口コミ・レビューは↓をクリック▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました